tel:03-6869-9727

〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 4階
受付時間:午前10時~午後5時

〈週刊コラム〉全員営業のポイント

◆全員営業のポイント 第218話 売上をアップさせる最善策

 コラム

===【 社長限定◆特別講習会 】=== 

●自己資金0円で営業強化し、今いる社員で売上2倍にする方法

◆東京 →詳細・お申込


 

「辻先生、売上を上げる一番良い方法は何ですか?」

経営者が一番知りたいことゆえ、良く質問されますが、私の答えを伝えると怪訝な顔をされることがあります。

 

私の答えは、「売上アップの最善策は、値段を上げる」だからです。

質問された経営者からは、「それができると苦労しないのですが…」と言われることがあります。

この反応は、値段を上げるとお客様が減るからということが根底に隠れています。しかし、もう一段深く考える必要があります。

「値段は上げたいが、現状のまま値段だけ上げれば、お客様に不満が生じ、客数減が怖い」というのが正しい認識です。

 

それゆえ、多くの会社は、値段を上げるのは最初から諦めて、いの一番に営業マンのヤル気や現場の叱咤激励などにとりかかろうとします。

しかし、冷静に考えてみてください。営業マンを一人づつ強化して、それで過去どれくらい売上が上がりましたか?。あるいは上がるでしょうか?

ヤル気だけで売上がアップするならば、仕事のマンネリに陥らず、商品知識も増え続けている入社半年~3年目の若手が、もっと売上を上けていても良いはずです。

 

しかし、実際に値段をいまの2倍で売ることは大変です。

例えば、お店であれば値札や価格表は簡単にリニューアルできても、実際にそれで売るとなると、却って売上が減る可能性が圧倒的に高いでしょう。

ゆえに、真剣に値段を2倍にしようと考えると、工夫や売り方や営業戦略そのものを、根本的に一から点検したり、考えざるを得ません。

しかし、2倍の値段で売れるようになった暁には、売上2倍どころか、利益率では更に格段の結果を生じます。それはまるで、宝くじ年末ジャンボの1等+前後賞を一度に当てるようなものです。

 

全社で真剣に熟考した結果、仮に2倍の値段はムリでも、1割でもアップできたらどうでしょうか?

商品の値段を2倍にするのを一度真剣に考えてみることは、出来る出来ない・やるやらないは別として、会社にとって得はあっても、決して損することはないのです。

=== 【創業15周年記念 新年講習会(社長限定)】 ===

自己資金0円で営業強化し、今いる社員で1年で売上2倍にする方法

【東京1/18】東京国際フォーラム → ◆詳細・申込

【大阪1/23】新大阪丸ビル → ◆詳細・申込

 


コラムの更新をお知らせします!

↑ここから簡単登録。メールアドレスをご登録頂くと、コラムの更新時にお知らせメールをお届けします。最新号をお見逃しされないために、ぜひご登録ください。


  • お電話でのお問い合わせはこちらTEL:03-6869-9727
  • メールでのお問い合わせはこちら